トップ / 子供のワキガが増えている

美容クリニックの情報

ワキガは治すことができます

ワキガで悩んでいる人は少なくありません。夏場のように汗の量が多くなったときには特に、制汗剤や消臭スプレーなどで対処する人もいますが、完全な解決にはならないものです。しかし、ワキガは完全に治すことができる方法があり、原因である汗腺を切除することで、全く臭わなくなります。手術が怖いと考えている人もいますが、その場合にはボトックス注射などの方法もありますし、レーザーを使って傷をほとんど残さず、短時間で体の負担が少ない状態で治すことのできる手術方法も開発されています。まずは美容皮膚科などで相談してみましょう。

わきが治療 大阪でお探しではありませんか?こちらのサイトは、最新わきが治療の情報を紹介しています。期さずに出来るわきが治療の情報を知りたい方は、是非参考までにご覧ください。

子供のわきがとアポクリン腺

わきがの原因となるアポクリン腺は、10歳から12歳頃になると急速に発達すると言います。子供のわきがは、女の子の場合では小学校高学年となる10歳頃から、男の子の場合は中学生となる頃から発症すると言います。親からの遺伝とも言われていますが、臭いにより症状に気が付いたり、洋服やシャツなどに黄色いシミが生じるケースもあります。特別症状が酷くないのであれば、制汗スプレーなどを利用する方法も有りますが、症状が酷い場合は子供の場合はわきがでいじめ問題に発展する可能性もあり手術をした方が良いケースも有ります。